1000倍返しではありません!

半沢直木が話題になっていますが

残念ながら見てなくて

話題についていけませんが

けして、1000倍返しを

した訳ではありませんよ

 

先日も、これからの予定をつくっているとき

自信満々に、これでどうでしょうか?

と確認されました。

見ると、お盆明けからは、

ヘルパーさんがもう一増えますよ

と言っていたにも関わらず、

これまでと同じような

担当になっていたため、

ついつい「だめ、言ったでしょ!」

ということになってしまいました・・・

 

ちょうどその場面を

事務所にいた永井さんに目撃されていたのでした。

こんなことは、よくあることで

「そうでした・・・」と

一見、反省しているようで

また同じ繰り返しを何度も、何度も

しているのです。

二人の間では、これはもうゲームのような

感覚になっています。

 

周りの皆さんには、迷惑かもしれませんが

二人のやりとりを楽しんでくださいね。

 

そんな訳で、お盆明けから

ヘルパーさんが一人増えることになりました。

これまで以上に、移動支援など

利用しやすくなりますので

問い合わせてください。

 

 

      山田

 

 

 

今日から俺は、。

 
こだまの賀来賢人?なのでしょうか、永井です。
 
すいません、恥ずかしながら半沢なんとかや鬼滅のなんとかは全く拝見していなので時代について行けていません。
レコードや歴史、この時期だとやっぱり戦時中のこと、過去に興味が湧いてきます。
 
気づけば某動画サイトでガダルカナル島マリアナ諸島硫黄島、そんなワードを調べています。
安易な気持ちで見るものではありませんがやっぱり勉強というか知識になります。
 
NHKでは現代の若い人たちに原爆のことを知ってもらうために当時の方の日記をもとにその内容を現代風にツイートしてみる
という企画を行っていました。
8月6日に向けて淡々と日常を発信する訳ですが、実際の“その時“以降のツイートは、、なんだか凄まじかったです。
 
本当にすごいなと思ったのはその日誌をもとに同じ深さの防空壕を高校生が実際に掘ってみたり、食料を担いで運んでみたり、、リアルに体験してみることでした。
 
お話しを聞いたり本で読んだりすることも大切ですが、身体を動かしてみることが一番リアルですね。実感しやすいと思いました。
 
以前と変わらない日常の中で活動ができることに感謝ですね。
永井でした。
 
 
次は先日、半沢たけしさんに1000倍返しをお見舞いしておられました、山田さんです。

大切なこと

こんばんは(^^)

半沢直樹の役柄で言えば北大路欣也演じる頭取役の奈良井です

…って渡部さん💦おかしいでしょ💦💦

という私も半沢直樹は見ております。

 

最近、パソコンを使用しての研修を受けていました。

録画されたものを見て講義を受けるんですけど

すごいですね、研修も家にいながら受けることができるようです。

 

エンパワメント、ストレングス、アドボカシー、チームアプローチ…

なんでいつも横文字ばかりなのでしょう💦

難しいものが余計に難しく感じてきます笑

 

ただ、どの講義でも重要とされていたのは

「本人主体」「本人中心」です❗️

出来ること、したいこと、好きなことに焦点をあてた支援を進める中で

本人が主体的に課題を克服することができる

そんな支援ができているのかな

と考えるといい機会になっています。

 

まだまだまだ経験も知識も足りないですが

日々学び学びの毎日です。

研修で印象に残ったことを載せておきます。

 

私たちの仕事は利用者自身の希望に向かって伴走すること

私たちの支援が利用者のブレーキにならないように

大切なのは…

ひとりの専門職より

身近な支援者がたくさんいること。つながること。

 

最近、暑いし、コロナの影響で出掛けれず

娘と手形で絵を描いたり、アート活動をしている奈良井でした。

 

明日はこだまの賀来賢人、永井さんです(^^)

日曜洋画劇場「半沢たけし」

「森山、忘れるな。大事なのは感謝と恩返しだ。その2つを忘れた未来は、ただの独りよがりの絵空事だ。これまでの出会いと出来事に感謝をし、その恩返しのつもりで仕事をする。そうすれば明るい未来が拓けるはずだ。成功を祈る!」

 

7年ぶりに帰ってきた

TBS日曜洋画劇場半沢直樹」の人気が凄まじい。

初回から視聴率が20%を越え、その後も右肩上がりに伸びています。

ネットを開けば、半沢直樹に関する記事が目立ち、コメントも肯定的な意見が多くを占めています。前回同様、前半の段階で視聴者ファンが急上昇で増えています。

実は僕も熱狂的なファンの一人であり、毎回欠かさずLIVEでドラマを視聴しています。

 

冒頭のセリフは、半沢直樹が部下の森山に送った言葉であり、今までの放送した中では僕の一番にお気に入りの言葉となりました。

 

そのセリフを胸に、これからも利用者の方の支援を続けていきたいと思います。

            半沢直樹の役柄で言えば賀来賢人演じる森山役の渡部健史でした。

      次は半沢直樹の役柄で言えば北大路欣也演じる中野渡頭取役の奈良井さんです

 

 

 

今年の夏

今年の夏は、いろいろと

移動の制限もあって里帰りができませんね

我が家も、東京に住んでる長女は

お盆も帰らないことになりました。

 

少し寂しい気もしますが

最近はリモートで顔を見ながら

話すこともでき便利になりました

 

先日も子供たちと4元中継で

リモート会話を楽しみました

こんな世の中になるなんて

誰が想像できたのでしょう・・・

 

時代はどんどん便利になっていきます

取り残されないように、

ついていこうと思います。

 

きもちがうごくとき

せいかつ3では、只今ラスクの製造に大忙しです。

注文してくださった皆様ありがとうございます!

今回は夏ラスク企画で、レモン味とココナッツ味が仲間入りしました。

実はこのラスク、1日約8袋しか製造出来ません。そのためお届けに時間がかかっている現状です。が、必ずお届けいたしますので、待っていてくださいね。(お急ぎの方はご連絡くださいね)    


製造過程のみなさんの様子を少しご紹介します。

来所するとすぐに白衣の入ったかごをチェックし“取って”と職員の手をとり訴えてこられる人

材料の準備が終わると大好きな人との結婚を語るムードメーカー

何事にも興味津々、洗い物や仲間を手伝ってくれる人

ココナッツバター塗りにハマって満面の笑、親指たててGOODサインの彼

ラスクを6枚に分ける工程が別人のように(ごめんなさい)早い集中力の持ち主

シーラーを離した時の『バイ〜ン』の音が好きな人

ラッピング帯のデザイナー


色んな人達がせいかつ3にはいて、それぞれが自分の出来る事に取り組んだり、チャレンジしたりしています。

『仕事』ってみなさんにとってどんなものだろうと、思い考え悩む時もあるのですが、

自分に出来る事があって、参加出来る事や必要とされる事は誰にとっても大切ですね。

皆さんと一緒に作業をしていると、そういう事が表情や仕草、行動で伝わってきます。


製造前半戦が終了しました。来週から後半戦!みんなでいい仕事できたねと言える日が待ち遠しいです。

曳野碧でした。次は細川さんです。

それぞれ

みんなそれぞれの道があって

それぞれの育ちをして

それぞれの考えを持つようになる

同じ価値観や

同じことで共感しあえる

相手に巡り合うには

いくつもの巡り合いを重ねて

初めてできることでは・・・

 

 

そのてん、よく職人さんのご夫婦を

見ていると仲が良く

同じ方向を見てがんばってるな〜

と思います。

 

目指すところが同じだと

自然と心も通じるのでしょうね・・・