目は口ほどに物を言う

こんばんは!福田です!

以前このブログでも紹介されていた

NHKの''共に生きる"という番組。

録画していたので、2〜3回

見直してみています。

そこで、特に参考にしているのが

「目の動きをよく見て、その人の

意思をキャッチすること」

その番組に出ていた施設の職員さんは

すごく長い時間をかけて

一人ひとりの目の動きを見ながら

その人の意思を探っています。

私も最近、お風呂の介助や

移動支援に出ることがあります。

「◯時までにこれをしなくちゃ」

「ここに行かなくちゃ」

「この人はこうすればいいよね」

というような、こちらの都合に合わせたり

私の意思を出すことは極限まで無くして

とにかく利用者さんの目を見て

仕草や動きをよーく見て

その方の意思を探ってみています。

そして、その方に意思決定をしてもらい

楽しく気持ちよく過ごしてもらうこと。

これを意識してやってみています。

ものすごく集中力がいるし

その方が意思決定されるまで

待ち続ける忍耐力も必要だと思いました。

計画していた流れにはもちろんならないし

時間通りに終われるかな…と

焦る気持ちもあります。

でも、意識していると

「実はこれがしたかったんですか!」

「ここまで1人でできるんですか!」

などなど、発見がいっぱいで

私が驚きや感動をもらってばかりです。

そして、その方の目を見たら

自然と意思が伝わってくるような

私の体がその人の意思で勝手に動き出すような

不思議な感覚になることがあります。

これからも目の動きで

いろいろな事をキャッチできるように

修行していきたいと思います!

ちょっとずつ

今日もあたたかい日になりましたね。

桜もすっかり葉に変わり、鯉のぼりもチラホラ見かけるようになりました。 


自分の気持ちもようやく晴れ間が多くなってきたような、そんな季節です。


周りを見ると、新しい事にチャレンジしている人や

続けてきたことを、より大切に深めている人がいて

刺激を受けている


今年は沢山本を読もう!と思っていて、気になる本を数冊買っていた。 


少しかじっては別のもの

またかじっては前の本に戻るなんかを繰り返しつつ、ちょこちょこ読んでいる。 


こんな読み方で、いつ読破出来るのだろうかと自分を馬鹿にしつつも、


少しずつでも心にゆとりが出来てきた事に感謝して、興味を深めて行けたらいいなと思っている。


明日は福田さんです。  曳野碧






三つ子の魂百まで

先日、お恥ずかしながらウォーキング活動中にズッコケてしまった。

両手と膝をついて、血が出た。

痛ーい!と言って見上げると、一緒にいた利用者さんが痛そうだねと言う表情をしながら手を引っ張り、起こしてくれた。

近隣だったので、カバンも持っておらず、ティッシュも何も持っていない状態だったので、一足早く歩いているグループに駆け足で追いつき、ティッシュを持っていないか尋ねた。

すると、いつもティッシュを持ち歩いておられる利用者さんが差し出してくれた。そのまま血を拭きながら歩いてこだまに戻った。

ティッシュをくれた利用者さんが、こだまに着くとすぐに救急箱を開け、イソジン消毒をして、カットバンを貼ってくれた。

すごく手早く処置をしてくれたのだ。

そして何と、最後に

痛いの痛いの飛んでいけ〜

をしてくれたのである。

本当に一瞬で痛みが飛んで行った。

きっと幼少期にお母さんからしてもらったのだろう。

起こしてくれたMさん、おまじないをしてくれたSさん、ありがとうね〜!

紙に、手帳に、メモ帳に、

今日もポカポカ陽気?気持ちのいい晴天が続くといいなぁ。

なんて思う今日この頃です。永井です。

 

今日から介護者実務者研修が始まりました。

少し足を伸ばして米子での研修でした。

去年の今頃に初心者研修なるものを受けて普段の介護に関する業務はもちろんですがそれ以外にもメンタルや生き方、自分にとって大切なことを学ぶことができた時間でした。

ふと去年のメモを振り返ってみると、、、。

一年間で自分に染み込んだこと、まだまだ意識できていないことありましたが、トータルでみると少し変わったように思います。

「”自分”ではなく仕事では”私”」

メモをして文字におこしたからなのか最近使えているような気がします。自己評価ですが。

 

今日の研修でも大事なことはメモ、メモ、メモ、、。

 

ドラえもんの道具のようにノートにメモするとその通りになる。

某少年漫画に連載されいたノートに書かれた名前の人が死んでしまう、、、。

 

アニメや映画の中の話だと思ってましたが、”書いてみる”というのはかなり影響があるように思います。

お正月に行う書き初めなんてまさにそんな気がします。

 

明日は日野さんです。

 

 

 

湖北農園

新しい元号 令和まであと12日と数時間となりました
毎朝観ているテレビ番組で令和までの残り時間が表示されています

4月1日の新元号発表の日、利用者の方ともうすぐ発表だぁ。。。とそわそわしながら作業を行っていると

「令和」

と発表がありました

すぐにほんそご内では令和だって~と伝わっていきました

少しずつ聞きなれてきましたが、まだ実感がわきません

昭和生まれの私は、やっぱり昭和が一番落ち着く感じ!!

5月1日が楽しみですね

新見

明日は菅さんです

ご縁に感謝

この春から息子が県外で一人暮らしをするようになりました。

そして、縁あってお世話になったのが今回の不動産屋さんです。

受験で見送った後、なんとなくの直感で入った不動産屋さんでしたが、仕事とはいえ、どの方も親切であたたかい。

この土地で息子を住まわせることが全く不安でなくなりました。

その不動産屋さんは、ブログなどもやっておられ、さっそくチェックをしてみると、内容がこれまたあたたかい。

そんなに長い文章ではなくても、何度も読み返したくなるような・・・。

途端にファンになってしまいました!

先日のブログでは、あるお宅を賃貸でお貸しするという紹介でしたが、そのお宅で飾られていた二つの書が紹介されていました。

とても感銘を受けたので紹介したいと思います。

 

美しき風は  

美しきところにふく

暖かな言葉は

暖かな心から出る

いいところとは

いい人の集まるところ

愛の風がふく

 

~くぼた~   明日は新見さんです